切り抜き詳細

発行日時
2018/2/13 6:00
見出し
【アクセス回線10Gbpsへの道】(第8回)25Gbpsの「NG-PON2+」、5G基地局のバックボーン向けに【ネット新技術】
リンクURL
http://rss.rssad.jp/rss/artclk/65HJXsnvXqde/f9a3c27d9439c13ef9ccf852e81e8d3a?ul=yVXyPGjvroyVUykYtJq4xqJbl1t68mxinyHtZh4sromuQcmPv.MWLAYbeUYu0CF6B7Rm4Db25pAv1uLTQM1wThnHb6P7eAdM5L4J9vgXECPayoQtG 【アクセス回線10Gbpsへの道】(第8回)25Gbpsの「NG-PON2+」、5G基地局のバックボーン向けに【ネット新技術】への外部リンク
記事詳細
 NTT東が、光ファイバーを用いたインターネット接続サービス「Bフレッツ」の提供を2001年に開始して以来、そのスピードは、当初の10M/100Mbpsから高速化を続け、2015年にソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供を開始した「NURO 光」の新プランで、ついに10Gbpsに達した。2017年には、「NURO 光 10G」の対象地域が拡大するなど、多くの地域で10Gbpsのインターネット接続サービスが利用可能になっている。今回は、4×10Gbpsの「NG-PON2」の詳細と、その後継規格としてITUが標準化を進めている25Gbpsの「NG-PON2+」の標準化策定状況について解説する。(編集部)